ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 電力マーケット2030展望 ~脱炭素に向けた供給・需要側の最新動向~

電力マーケット2030展望 ~脱炭素に向けた供給・需要側の最新動向~

今後、電力・エネルギー業界に巻き起こる変化は、規制をコントロールすることによってトップダウンでもたらされるものだけではない。個人が、社会が、多様に、しなやかに、協働的に、それもスピーディーに変わりゆくなかで、新たなテクノロジーを実装することによってボトムアップで変貌を遂げる。供給側と需要側の双方から、あるいは両者が融合しながら、Sustainable な電力・エネルギーシステムへ向けた変革が加速する。 しかし、本レポートでは供給側と需要側の間にある大きな認識のギャップが浮き彫りになった。需要側、さらには一般生活者の巻き込みが圧倒的に不足している。だからこそ、エネルギー業界には変革の余地が大きく、未開拓の事業機会がまだまだあるはず。 電力業界はどう変わる? どんなことができるようになる? 新たにどんなビジネスが生まれる? 他業種からエネルギー産業への新規参入が加速? 需要家と供給者の新たな関係とは? リーズナブルな再エネはどう調達する? 電力データ活用って? IoT? 電池は? モビリティは? 事業機会はあるの? 誰と組めばいい? そんな数多の疑問に答えるヒントが満載。

発刊日 2020年03月24日 体裁 261頁
資料コード C61116000 PDFサイズ 24.5MB
カテゴリ 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス
調査資料価格 165,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
PDFレギュラー 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  330,000円   ( 本体  300,000円   消費税  30,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  363,000円   ( 本体  330,000円   消費税  33,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  495,000円   ( 本体  450,000円   消費税  45,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2020/05/24~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2020/05/24~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/09/24~
(スタンダード) 2021/03/24~
電話・ウェブサイト:
2020/05/24~ 1,500円/頁
2020/06/24~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

11
1.市場動向
2.展望と課題
19
【図】2030年エネルギーミックスの実現と2050年シナリオ
20
【図表】電気の低炭素化と電化の促進
【図】災害に強い分散グリッド
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
36
37
38
39
40
【図】電力マーケットカオスマップ
pdf45
46
~一社)デジタルグリッドコンソーシアム 代表理事 阿部 力也 氏~
51
~エナジープールジャパン株式会社 代表取締役社長兼CEO 市村 健 氏~
54
~RAUL株式会社 代表取締役社長 江田 健二 氏~
57
~東京理科大学大学院経営学研究科教授 橘川 武郎 氏~
62
~クリーンエネルギー研究所 代表 阪口 幸雄 氏~
65
~大阪大学大学院工学研究科招聘教授(ビジネスエンジニアリング専攻) 西村 陽 氏~
69
~京都大学大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授 安田 陽 氏~
75
【ク゛ラフ】最終エネルギー消費の推移(1973~2017年度)
75
【ク゛ラフ】電力化率の推移(1965~2017年度)
76
□ヒアリング対象企業・団体
・産業部門
78
・業務他部門
79
・運輸部門
80
・行政(自治体)
81
83
145
【表】旧一般電気事業者の動向の例
146
147
~2020年4月に再生可能エネルギー発電事業を分社化 エネルギー事業を活かした異なる分野への進出などにより「5つのD」の変化に対応~
154
~2030年度の国内発電事業におけるCO2排出量を2013年度実績比で半減を目指す デジタルトランスフォーメーションを原動力に新たな価値の創出を図る~
161
~「S+3E」の観点からエネルギーミックスを追求し2030年度の非化石電源比率44%を目指す「IoH:ヒトとインターネットの融合」の考えに基づきデジタル化の取り組みを推進~
168
~2030年経営目標に「九州のCO2削減必要量の70%の削減に貢献」を設定 九州地方の持続可能なコミュニティの共創に向けて観光や一次産業の領域にも挑戦~
174
~「3つのC」をポイントにスマート社会の実現に寄与するビジネスモデルへの転換に挑む スマートライフ電化の提案などにより顧客の豊かさの最大化を実現へ~
183
【図】Guide 1;ベンチャー各社のポジショニングマップ
183
【表】Guide 2;ベンチャー各社の事業領域マトリックス
184
【表】Guide 3;掲載企業リストと各社の事業内容
185
・株式会社エナジーゲートウェイ
187
・株式会社グッドフェローズ
190
・株式会社シェアリングエネルギー
193
・自然電力グループ
196
・株式会社スマートエナジー
199
・株式会社ダイレクトパワー
202
・株式会社チャレナジー
204
・デジタルグリッド株式会社
207
・デナジー株式会社
210
・株式会社電力シェアリング
213
・バイオマスパワーテクノロジーズ株式会社
216
・株式会社パネイル
219
・みんな電力株式会社
222
・CONNEXX SYSTEMS 株式会社
225
・ENECHANGE株式会社
228
・LO3 Energy Inc.
231
・株式会社Looop
234
・Nature 株式会社
237
・株式会社Sassor
240
・TRENDE 株式会社
243
249
【表】旧一般電気事業者の余剰電力買取サービスの概要
254
【表】小売電力事業者 主要所業者一覧
255
【表】売電事業者 エリア展開一覧
257
258
【表】ハウスメーカー余剰電力買取サービスの概要

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.