ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 非住宅木造市場の実態と展望

2019年版 非住宅木造市場の実態と展望

政府は、2010年に「公共建築物等木材利用促進法(木促法)」を制定し、公共建築物の木造・木質化が進んでいる。民間においても、木造中高層建築物を実現する、木造耐火構造材の開発が進み、建築物の木造化への取組が進んでいる。本資料では、建築着工データを基に国内における非住宅木造市場の実態と動向の把握を行い、主要事業者の取組を整理することで、今後の業界の発展に供することを目的とする。

発刊日 2019年12月27日 体裁 332頁
資料コード C61117300 PDFサイズ 16.0MB
カテゴリ 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器
調査資料価格 165,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
PDFレギュラー 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  330,000円   ( 本体  300,000円   消費税  30,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  363,000円   ( 本体  330,000円   消費税  33,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  495,000円   ( 本体  450,000円   消費税  45,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2020/02/27~ コピーサービス
開始日と料金
(片面1頁/税別)
閲覧室: 2020/02/27~ 800円
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/06/27~
(スタンダード) 2020/12/27~
電話・ウェブサイト:
2020/02/27~ 1,500円
2020/03/27~ 800円

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

13
【ク゛ラフ】非住宅木造市場規模の推移(面積ベース 2006~2018年度、2019~2022年度予測)/非住宅木造市場規模の推移(金額ベース 2006~2018年度、2019~2022年度予測)
【表】各社の実績と主要面積体
3.展望と課題
21
24
26
43
47
65
71
74
83
91
103
【図】主要事業者のポコショニングマップ 部材供給事業者/主要事業者のポジショニングマップ 建設事業者
104
【表】主要事業者の動向 事業内容と特徴
105
110
【表】非住宅木造への取組体制
110
【表】主要事業者の動向 自社の優位性・差別化・事業体制等
111
115
【表】各社の実績と主要面積帯
115
【表】主要事業者の動向 販売実績・動向
116
119
【表】主な木質耐火構造部材
119
【表】主要事業者の動向 製品・工法開発
120
125
【表】主要事業者の動向 自社の課題・問題点
126
129
【表】主要事業者の動向 今後の事業展開方針
130
1.企業概要
2.非住宅木造市場について
3.自社事業展開状況
◆SMB建材株式会社
135
◆株式会社キーテック
139
◆齋藤木材工業株式会社
143
◆株式会社シェルター
147
◆株式会社タツミ
152
◆テクノウッドワークス株式会社
155
◆パナソニックアーキスケルトンデザイン株式会社
159
◆BXカネシン株式会社
162
◆ポラテック株式会社
166
◆三井ホームコンポーネント株式会社
170
◆株式会社三菱地所住宅加工センター
174
◆銘建工業株式会社
177
1.企業概要
2.非住宅木造市場について
3.自社事業展開状況
◆株式会社大林組
183
◆鹿島建設株式会社
188
◆住友林業株式会社
192
◆大成建設株式会社
196
◆株式会社竹中工務店
200
◆東急建設株式会社
205
◆前田建設工業株式会社
208
【表】2018年度 建築着工 地域別ランキング
217
【ク゛ラフ】非住宅市場地域別構成比/非住宅木造市場地域別構成比
217
【表】2018年度 建築着工 都道府県別ランキング
237

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.