ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2020 屋内位置情報ソリューションの可能性展望

2020 屋内位置情報ソリューションの可能性展望

屋外の位置情報はGPSの普及とともに当たり前の技術となる一方で、屋内の位置情報を把握することに関してもニーズが高まりつつあり、商業施設や工場、病院などにおいて、ソリューションが提案されつつある。しかし、屋内位置情報の技術については、様々な方式が提案されており、まだそのデファクトの奪い合いが行われている。ベンチャーが中心であった当該市場においても、ドコモやパナソニックなどの大手事業者の参入が見られ、競合環境は今後ますます激化が予想されている。 2017年度の市場規模見込みは、21億5000万円程度と推計され、前年比で約150%と、前年に引き続き高い成長率を示していると言えるが、決して大きな市場規模とは言い難く、市場は未だ黎明期である。 分野別の実績では、現時点で最も導入実績が大きいのは製造分野であり、市場の過半数を占めている状況である。市場はB2Bでの導入が効果的であると言われており、製造業はその条件に完全に一致している。 本書は、こうした最新の屋内位置情報ソリューションの動向と可能性を展望するものである。

発刊日 2019年12月27日 体裁 178頁
資料コード C61117400 PDFサイズ 17.9MB
カテゴリ 情報通信
調査資料価格 198,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
PDFレギュラー 定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  231,000円   ( 本体  210,000円   消費税  21,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  396,000円   ( 本体  360,000円   消費税  36,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  429,000円   ( 本体  390,000円   消費税  39,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  594,000円   ( 本体  540,000円   消費税  54,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2020/02/27~ コピーサービス
開始日と料金
(片面1頁/税別)
閲覧室: 2020/02/27~ 900円
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/06/27~
(スタンダード) 2020/12/27~
電話・ウェブサイト:
2020/02/27~ 1,500円
2020/03/27~ 900円

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

7
【表・ク゛ラフ】屋内位置情報ソリューション市場規模推移(2016~2018年度,2019年度見込,2020年度予測)
2.企業動向
【表・ク゛ラフ】屋内位置情報ソリューション市場規模推移(2021~2025年度予測)
1.調査結果の概要
13
2.総括
15
1.市場概況
19
2.参入企業一覧
23
25
【表・ク゛ラフ】屋内位置情報ソリューション市場規模推移(2016~2018年度,2019年度見込,2020年度予測)
4.各社の強みと差別化ポイント
26
29
【図】ターゲットを設定したリソースを集中
32
6.販売戦略
33
35
【表・ク゛ラフ】2019年度分野別構成比
38
8.適用技術と採用の理由
39
9.競合技術の評価と採用の可能性
43
47
【表】(参考)主な流通業向け画像解析ソリューション
50
11.技術面の課題と開発の方向性
51
12.今後の事業展開の方向性
54
57
【表・ク゛ラフ】屋内位置情報ソリューション市場規模推移(2021~2025年度予測)
59
【表・ク゛ラフ】2025年度分野別構成比
61
・ショピモ
65
・清水建設
65
・鹿島建設(株)
67
・竹中工務店
67
・タイ日野製造(株)
69
・(株)三松
69
・村田製作所
70
・GEヘルスケア
71
・(株)大林組
72
・ソフトバンク(株)
73
・日商エレクトロニクス(株)
73
・CBRE(株)
74
1.Wi-Fi
77
2.BLE(Bluetooth Low Energy)
78
3.RFID
80
4.UWB
82
5.可視光
84
6.超音波
85
7.iPNT
86
8.自律航法(PDR:Pedestrian Dead Reckoning)
87
9.地磁気
87
(1)高精度測位社会プロジェクト
89
(2)ららぽーとTOKYO-BAYのYahoo!MAPアプリの実証実験
94
(3)「屋内型運動データ測位システム」の実証実験
94
(4)「接客行動の可視化・分析」の実証実験
95
掲載項目:企業概要/参入の経緯および目的/展開サービス・ソリューション/自社サービス・ソリューションの強みと差別化ポイント/当該事業の規模と推移/ターゲットユーザーの動向/主要な導入事例および分野構成/適用技術と採用の理由/競合技術の評価と採用の可能性/今後の事業展開計画/当該市場の展望
◇株式会社WHERE
99
◇NECネッツエスアイ株式会社
106
◇カシオ計算機株式会
112
◇クウジット株式会社
118
◇サイトセンシング株式会社
124
◇株式会社ジークス
131
◇株式会社タグキャスト
137
◇パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
143
◇株式会社ビーキャップ
148
◇株式会社日立ソリューションズ
154
◇マルティスープ株式会社
160
◇株式会社村田製作所
166
◇Ubisense Limited.
172

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.