ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 住宅トレンドの徹底分析

2019年版 住宅トレンドの徹底分析

転換点を迎え、陳腐化する事業モデルと創造する事業モデルを分析。市場環境の変化と新たな市場の機会を徹底分析。

発刊日 2019年12月26日 体裁 285頁
資料コード C61117500 PDFサイズ 5.7MB
カテゴリ 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器
調査資料価格 165,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
PDFレギュラー 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  330,000円   ( 本体  300,000円   消費税  30,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  363,000円   ( 本体  330,000円   消費税  33,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  495,000円   ( 本体  450,000円   消費税  45,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2020/02/26~ コピーサービス
開始日と料金
(片面1頁/税別)
閲覧室: 2020/02/26~ 800円
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/06/26~
(スタンダード) 2020/12/26~
電話・ウェブサイト:
2020/02/26~ 1,500円
2020/03/26~ 800円

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

10
1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題
◆住宅市場のトレンド
15
16
【図】求められる住生活サービス
【表】世帯構造別年齢層別の求められる住宅スタイル
17
~多様化するライフスタイルの変化~
18
◆超スマート社会(Society 5.0)につながる新技術による変化
19
20
【ク゛ラフ】新設住宅着工数と床面積推移(1980~2015年度)
【ク゛ラフ】建築年代別の住宅ストック数(1970以前,1971~2018.9)/住宅ストックの資産評価(2015年ベース)
21
【ク゛ラフ】住宅ストック数と世帯数の推移(1948,58,63,68,73,78,83,88,93,98,03,08,13,18年)/【ク゛ラフ】空き家の種類別の空き家数の推移(1988,93,98,03,08,13,18年)
22
【ク゛ラフ】空き家の種類別内訳/活用可能な空き家数の推計(2015年ベース)
23
~空き家を巡る法制度の状況~
24
25
【表】新設住宅の戸数推移(2012~2018年度)/新設住宅の床面積推移(2012~2018年度)
26
【表・ク゛ラフ】新設住宅着工戸数の推移(総戸数、持家系、借家系別:1995~2018年度)/【表】一戸当り床面積の推移(1995~2018年度)
27
【表・ク゛ラフ】集合住宅の着工推移(1997~2018年度)
28
29
【ク゛ラフ】戸建て住宅と分譲マンションの比較(1989~2018年度)
~家族形態の多様化、都市への回帰~
30
31
◆商品企画の方向性
32
◆【図】住宅需要の方向性
33
34
【表】2020年の社会、住まいのイメージ
35
36
【表】2019年度の主な住宅取得支援策
37
41
【表・ク゛ラフ】住宅投資/GDP比率(実質)の推移(1991~2017年度)
41
【ク゛ラフ】居住関連支出(名目)の推移(1998~2017年度)
42
【ク゛ラフ】住宅関連産業への生産誘発額(29年度 金額は名目ベース)/【表】政府経済見通しと実績(前年度比:2010~2017年度,2018年度実績見込,2019年度見通し)/【図】建設投資の構造(2019年度見通し)
43
44
47
(3)今後の住宅着工見通し
57
58
62
78
80
84
87
88
89
(1)世帯主年代別持ち家世帯の変化
90
(2)住宅に対する価値観の変化
90
(3)共働き世帯の住宅需要
91
92
(5)終末期の暮らし
93
6.住宅市場の方向性と今後の市場展望
95
99
100
102
(4)コミュニティの再構築
103
104
105
108
111
112
(5)住宅市場に及ぼす影響
113
114
116
118
121
124
129
【表】戸建て住宅の工法別特徴/【表・ク゛ラフ】住宅着工戸数に占める工法別シェア推移(2006~2018年度)
129
【表】戸建て住宅の工法/独自の構造材による工法
130
131
133
139
140
(5)今後の市場展望
145
146
153
163
(5)今後の市場展望
166
(1)市場概要
168
169
178
(5)今後の市場展望
181
182
187
192
197
198
200
(8)今後の市場展望
202
(1)大手ハウスメーカーの業績動向
205
205
206
(1)住宅の商品トレンド
210
(2)最近の新商品動向
211
(3)住宅事業者と消費者の重視点
212
212
(5)ハウスビルダーの方向性
213
(6)工務店の方向性
214
221
228
(4)高齢者ビジネスの新規参入動向
231
232
(6)高齢者住宅の課題
235
(7)今後の市場展望
236
237
238
241
(4)今後の市場展望
244
245
247
249
253
(4)商品企画の方向性
256
257
(6)住宅FC・VCの成功ノウハウ
261
(7)住宅ネットワークの方向性
264
(8)今後の市場展望
268
269
274
277
279
(5)空き家ビジネスの動向
280
282
283
(8)今後の市場展望
285

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.