ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019-2020年版 自動車用加飾フィルム市場の展望と戦略

2019-2020年版 自動車用加飾フィルム市場の展望と戦略

自動車メーカーが開発の優先課題をCASE、SDGsへとシフトする一方、加飾に対する開発優先順位は相対的に下がる傾向にある。しかし、電波を透過するメッキ代替の金属調加飾フィルムや、塗装工程のドライプロセス化など、既存の製品・技術であってもCASEやSGDsに対応した提案は可能である。自社製品をCASEやSDGsの切り口で見直し、新たな提案につなげることが求められている。

発刊日 2019年12月27日 体裁 133頁
資料コード C61118700 PDFサイズ 12.5MB
カテゴリ マテリアル / 海外情報掲載
調査資料価格 165,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
PDFレギュラー 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  330,000円   ( 本体  300,000円   消費税  30,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  363,000円   ( 本体  330,000円   消費税  33,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  495,000円   ( 本体  450,000円   消費税  45,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2020/02/27~ コピーサービス
開始日と料金
(片面1頁/税別)
閲覧室: 2020/02/27~ 800円
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/06/27~
(スタンダード) 2020/12/27~
電話・ウェブサイト:
2020/02/27~ 1,500円
2020/03/27~ 800円

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

13
(2)セグメント別の市場動向
2.企業動向
3.展望と課題
~CASE、SDGsの観点から加飾フィルムの新たな価値の訴求を!~
・自動車メーカーの開発・投資はCASEに集中、加飾・塗装代替は優先順位を落とす
19
20
【表】CASEと加飾フィルムの関係
21
25
~CASE対応、内装電装化、環境対応へのニーズが拡大 機能性と車内快適性の両立を実現するソリューション提案が課題に~
26
39
~電波透過性に続く「フィルム加飾の必然性」の提案を!~
65
67
※電波透過ニーズの拡大でメッキ代替の金属調加飾フィルムが急成長 本文
71
75
85
・視覚に加え触感表現の提案など多様な意匠への対応力に強み
89
93
~導電性、光透過性など内装のトレンドを押さえた製品展開を推進~
・独自ノウハウで設計・配合したハードコート層を使用した「XtraForm TM」基材(PCフィルム)とアフターキュアハードコートの組み合わせで深絞りに対応
97
101
~金属光沢+αの性能付与で「メッキ代替の先にあるニーズ」を取り込む~
105
・ツートンルーフ向けでは工数を大幅に削減した新プロセス「DECO-Dry®」が実用化
・ボディ、バンパーの傷付き防止フィルムはカーシェアリングの普及による需要拡大に期待 加飾関連製品のトータル展開を活かし内装・外装のコラボレーション化を提案
111
~加飾用フィルム「テクノロイ」、自動車内装表面材で安定的な需要を確保~
114
117
・TOMによる防水バリアを車載バッテリー向けに提案 塗装代替を超える機能・付加価値で「TOMにしかできない」メリットを訴求
・ルーフやボディー、外装パーツ向けの「Neo-TOM」は自社工場への設備設置で提案・プレゼンのスピード化を実現
123
~金型内加飾と三次元被覆加飾の長所を併せ持つNATS転写の提案推進~
・2019年4月よりNATS事業は3次元加飾を総合展開するナビタスニイズへ移管 ニーズ吸い上げと提案の幅を広げ採用チャンスを狙う
・メッキ代替、半透過、触感表現など自動車内装加飾のトレンドにも追随
128
~光透過、パネルのシームレス化、パーツの大型化など 自動車加飾のニーズに確実に応える成形機の提案を推進~

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.