2019 ギフト市場白書

近年、生活者の趣味・嗜好は多様化し、ギフトの「定番」がなくなりつつあります。贈られた人が喜ぶものであれば、全てギフトになる今、小売業は全て、「ギフト好適品」を取り扱う業種であるともいえ、ギフト市場においては、もはや競合は「同業他社」ではなく、小売市場全体となりました。 中元・歳暮などフォーマルギフトのカジュアル化やプチギフトの活況などギフトオケージョンの多様化、モノだけでなくコト/体験までといったギフトアイテムの多様化、そしてSNS上で贈りあうソーシャルギフトの急成長といったギフトチャネルの多様化など、ギフト市場を取り巻く環境は大きく変化しています。最近では、「自分へのギフト」といったご褒美需要に加え、「母の日」や「父の日」、「敬老の日」等において、贈った人と贈られた人が一緒に楽しむことができる「共有型ギフト」のニーズも高まっています。これまで以上に虚礼廃止傾向が強まる昨今、各社はよりパーソナルでカジュアルなギフトオケージョンに注力し、ギフト需要の創出に努めています。 本調査レポートは、ギフト業界を体系的に調査・編集し、ギフト市場を総合的に把握いただけるよう企画しました。ギフトの市場規模、チャネル別、アイテム別、オケージョン別市場を算出している業界唯一のマーケティング資料です。

発刊日 2019年12月27日 体裁 460頁
資料コード C61120100 PDFサイズ 15.7MB
カテゴリ 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融
調査資料価格 165,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
PDFレギュラー 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  330,000円   ( 本体  300,000円   消費税  30,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  363,000円   ( 本体  330,000円   消費税  33,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  495,000円   ( 本体  450,000円   消費税  45,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2020/02/27~ コピーサービス
開始日と料金
(片面1頁/税別)
閲覧室: 2020/02/27~ 800円
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/06/27~
(スタンダード) 2020/12/27~
電話・ウェブサイト:
2020/02/27~ 1,500円
2020/03/27~ 800円

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

11
(2)セグメント別の市場動向
2.業態別動向
3.市場展望
4.トレンド
17
【表・ク゛ラフ】ギフト市場規模推移(2012~2018年,2019年見込み,2020年予測)
17
20
【表】タブーとされる贈り物の例
21
【表】ギフトのしきたりの例
22
【表】地方のしきたりの例
24
29
46
51
(1)ますます高まる食品ギフトニーズ
56
(2)虚礼廃止傾向のさらなる拡大
57
(3)カード型、ソーシャル(e-Gift)型の登場で拡大するカタログギフト
58
61
【表】オーケージョン別市場規模(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)/【ク゛ラフ】パーソナルギフト(フォーマル)市場規模推移(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)
61
【表】フォーマルギフトにおける各オケージョンの市場規模(2015~2018年,2019年見込み)
62
64
70
75
80
【表】オケージョン別市場規模(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)/【ク゛ラフ】パーソナルギフト(カジュアル)市場規模推移(2012~2018年,2019年見込み,2020年予測)
80
【表】各オケージョンの市場規模推移(2015~2018年,2019年見込み)
81
83
88
95
98
【表】オケージョン別市場規模(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)/【ク゛ラフ】法人ギフト市場規模推移(2012~2018年,2019年見込み,2020年予測)
98
【表】法人ギフトの用途別構成比(件数ベース/金額ベース)
99
99
101
ⅲ)今後の展望と課題など
104
105
【表・ク゛ラフ】中元・歳暮市場規模推移(2014~2018年,2019年見込み,2020年予測)
105
107
112
ⅲ)今後の展望と課題など
114
123
127
145
146
151
159
160
161
【表】チャネル別市場規模(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)/【ク゛ラフ】専門店 ギフト市場規模推移(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)
162
172
185
188
193
196
216
231
ⅰ)商品・価格の特徴
236
ⅱ)販売戦略・プロモーションの特徴
237
ⅲ)今後の展望と課題など
239
239
【表】【表】チャネル別市場規模(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)/【ク゛ラフ】その他 ギフト市場規模推移(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)
239
240
244
252
◇【表】ギフト市場におけるアイテム分類
257
258
【表】アイテム別市場規模(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)/【ク゛ラフ】食品 ギフト市場規模推移(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)
※食品ギフト分類別市場動向 本文
260
270
ⅲ)今後の展望と課題など
275
276
【表】アイテム別市場規模(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)/【ク゛ラフ】花 ギフト市場規模推移(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)
277
284
286
302
【表】アイテム別市場規模(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)/【ク゛ラフ】雑貨 ギフト市場規模推移(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)
302
307
311
316
【表】アイテム別市場規模(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)/【ク゛ラフ】商品券・ギフト券・ギフトカード ギフト市場規模推移(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)
317
ⅲ)今後の展望と課題など
327
328
【表】アイテム別市場規模(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)/【ク゛ラフ】カタログギフト 市場規模推移(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)
328
331
337
340
342
【表】アイテム別市場規模(2016年~2018年,2019年見込み,2020年予測)/【ク゛ラフ】体験型 ギフト市場規模推移(2016~2018年,2019年見込み,2020年予測)
【表】代表的な体験ギフト取扱い企業
344
348
350
【掲載項目】企業概要/業績推移/事業戦略/中心価格帯・売上構成比/商品・価格戦略/オケージョン別商品・価格戦略/店舗・販売戦略・プロモーション/オケージョン別店舗・販売戦略・プロモーション/競合について/今後の展望と課題について
※企業により掲載項目が若干異なります。
株式会社髙島屋
355
株式会社大丸松坂屋百貨店
358
株式会社三越伊勢丹
361
株式会社ライフコーポレーション
364
株式会社アクタス
366
アッシュ・ペー・フランス株式会社
369
株式会社イオンフォレスト
372
株式会社おおつか(ギフトプラザ)
374
株式会社サザビーリーグ
377
株式会社千趣会イイハナ
380
株式会社大進本店
383
株式会社東急ハンズ
386
株式会社パーク・コーポレーション
389
花キューピット株式会社
393
株式会社HAPiNS
397
株式会社ハリカ
400
株式会社ラッシュジャパン
403
株式会社良品計画
405
ロクシタンジャポン株式会社
408
株式会社ロフト
410
株式会社和光
413
ジェイウェル株式会社
416
株式会社ディノス・セシール
418
株式会社BLT
421
株式会社ベルーナ
424
株式会社郵便局物販サービス
428
株式会社ギフティ
429
株式会社ギフトパッド
432
クオカード株式会社
435
株式会社JCB
437
日本図書普及株式会社
439
ソウ・エクスペリエンス株式会社
441
株式会社大和
444
リンベル株式会社
447
ロワール株式会社
450
株式会社赤坂柿山
453
伊藤ハムフードソリューション株式会社
455
株式会社虎屋
457
株式会社宗家源吉兆庵
459

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.