ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 動き始めたフードロス削減における食品産業の動向と将来展望 ~SDGsの推進で注目高まる「フードロス」と「エシカル消費」~

動き始めたフードロス削減における食品産業の動向と将来展望 ~SDGsの推進で注目高まる「フードロス」と「エシカル消費」~

日本では年間約640万トンのフードロスがあり、季節商材の大量廃棄などが社会的な問題となるなど、フードロス削減の機運が近年急速に高まっている。日本政府も「SDGsアクションプラン」において、家庭における食品ロス削減の取り組みの普及啓発や、食品産業に対してフードバンク活動の推進、サプライチェーンの商習慣の見直し支援等、食品廃棄物の削減や活用に向けた取り組みを始めており、2019年5月には「食品ロスの削減の推進に関する法律」が公布され、同年10月1日に施行している。 呼応するように、大手食品メーカーや小売りを中心にフードロス削減に向けた動きが活発になっているとともに、フードシェアリングサービスや、AIやITを活用した取り組みなど、フードロス削減を契機に新たなビジネスも生まれており、食品産業に変革をもたらす大きな可能性を秘めている。フードロス削減は、加工食品だけでなく生鮮食品を含めた全ての食品に該当するとともに、フードサプライチェーンのあらゆる場面で求められていることから、CSRの観点だけでなくビジネスとして注目する企業も増えてきている。 本調査レポートにおいては、フードロス削減の現状や期待される技術、取り組みを整理し、フードロス削減がもたらすビジネス面からみた可能性と今後の展望を分析・予測する。

発刊日 2019年12月26日 体裁 323頁
資料コード C61120300 PDFサイズ 4.1MB
カテゴリ 食品、アグリ、バイオ
調査資料価格 165,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
PDFレギュラー 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  330,000円   ( 本体  300,000円   消費税  30,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  363,000円   ( 本体  330,000円   消費税  33,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  495,000円   ( 本体  450,000円   消費税  45,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2020/02/26~ コピーサービス
開始日と料金
(片面1頁/税別)
閲覧室: 2020/02/26~ 800円
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/06/26~
(スタンダード) 2020/12/26~
電話・ウェブサイト:
2020/02/26~ 1,500円
2020/03/26~ 800円

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

(1) フードロス削減における課題
67
69
(1) 生産現場におけるフードロスの現状
75
(2) 技術開発によるフードロス削減
76
(3) 流通業者の協力によるフードロス削減
77
(4) 今後のビジネス展望
80
(1) 食品製造業におけるフードロスの現状
82
(3) 今後のビジネス展望
94
(1) 食品卸・物流におけるフードロスの現状
95
(2) 企業別のフードロス対策とビジネス展望
96
(1) 小売業のフードロスの現状
98
(4) 今後のビジネス展望
108
(1) 外食産業のフードロスの現状
109
111
121
124
129
131
133
135
140
142
144
146
149
151
153
164
166
169
179
181
1.食品メーカーのフードロス削減の取り組み状況
(1) 調査概要(目的/期間/方法/対象/回答企業属性(業種別/年商別))
187
□企業概要(所在地/設立/資本金/従業員数/事業内容)
□事業(サービス)を開始した経緯
□事業(サービス)の概要(サービスの特徴/価格体系/主要顧客層)
□事業(サービス)の動向
□販売・営業戦略(営業戦略/販売戦略/技術開発動向)
□現状の問題点や課題
□今後の事業(サービス)方針・戦略
※企業により多少掲載内容が異なります。
≪掲載企業≫
■株式会社コークッキング
214
■SHIFFT 株式会社
217
■株式会社テオーリア
220
■株式会社REARS
222
■合同会社クアッガ
226
■株式会社クラダシ
228
■株式会社SynaBiz
231
■東京ガス株式会社
233
■バリュードライバーズ株式会社
236
■株式会社ビューティフルスマイル
239
■株式会社Eight Good
242
■株式会社NTT ドコモ
244
■みなとく株式会社
247
4.プロダクト販売型
■株式会社アイル
252
■デイブレイク株式会社
255
■dot science 株式会社
258
■豊島株式会社
261
■株式会社マツザワ
264
【加工機器】
■株式会社テクニカン
270
■DENBA 株式会社
272
■株式会社システムスクエア
274
【高機能容器・包装資材】
■大倉工業株式会社
278
■株式会社クラレ
280
■グンゼ株式会社
282
■株式会社ミートエポック
285
5.プラットフォーム提供型
■株式会社シノプス
292
■一般財団法人日本気象協会
296
■日本電気株式会社(NEC)
298
■ICS-net 株式会社
302
■プラネット・テーブル株式会社
304
■株式会社ポケットマルシェ
307
■株式会社TableCheck
310
■株式会社トレタ
312
■株式会社ポケットコンシェルジュ
314
■三井住友トラストクラブ株式会社
315
■一般社団法人フードサルベージ
318
■株式会社ブラウンシュガー1ST
320
■有限会社mode-Duo
322

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.