ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2020 業務用サービスロボットの可能性と将来性

2020 業務用サービスロボットの可能性と将来性

労働力不足補完として、また効率化、省人化、人件費削減の手段として期待される業務用サービスロボットにスポットを当て、その市場実態、企業動向、製品動向等を把握し、これから普及していくための可能性や将来性を考察する。

発刊日 2020年03月19日 体裁 155頁
資料コード C61123900 PDFサイズ 2.5MB
カテゴリ 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス
調査資料価格 165,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
PDFレギュラー 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  330,000円   ( 本体  300,000円   消費税  30,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  363,000円   ( 本体  330,000円   消費税  33,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  495,000円   ( 本体  450,000円   消費税  45,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2020/05/19~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2020/05/19~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/09/19~
(スタンダード) 2021/03/19~
電話・ウェブサイト:
2020/05/19~ 1,500円/頁
2020/06/19~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

9
【表】業務用サービスロボットの総市場規模(2017~2018年度、2019年度見込、2020~2022年度予測)
2.種類別市場動向
3.可能性と将来性
15
【表】種類別業務用サービスロボットの主要参入企業(実用化レベル)
16
17
【表】業務用サービスロボット市場における参入具合
17
19
21
23
【表】業務用サービスロボットの機能と期待されるメリット
24
25
【表】業務用サービスロボットのユーザ業種と想定ユーザ
25
29
31
33
36
(5)人との共存が求められる新規用途。それには搬送ロボットの安全確保が必須
38
40
42
44
46
49
51
53
55
57
60
62
64
(4)先行するベーカリー向けは普及段階に入るが、本命のCVS向けはまだ実験段階
65
67
70
73
【表】ATOUNの製品仕様
73
【図】「ATOUN MODEL Y」の作業モード
74
【表】ATOUNの出荷推定推移(2017~2018年度、2019年度見込)
75
79
【表】床洗浄ロボットの基本仕様
79
【図】「EGrobo」の障害物回避機能
80
【表】「RcDC」の基本仕様
81
【表】アマノの掃除ロボット出荷実績推移(2017~2018年度、2019年度見込)
82
86
【図】「マッスルスーツⓇ」の構図と動作原理
86
【表】「マッスルスーツ」品揃えと主な仕様(2019年8月29日時点)
87
【表】「マッスルスーツⓇ」シリーズの出荷推定推移(2017~2018年度、2019年度見込)
88
【表】「マッスルスーツ Every」の概要
90
92
【表】「XF-100」の基本仕様
92
【表】「XF-100」の出荷実績推移(2017~2018年度、2019年度見込)
94
98
【表】「JustRobot」の基本仕様
98
【表】「JustRobot」の出荷実績推移(2017~2018年度、2019年度見込)
100
104
【表】物流支援ロボット「CarriRoⓇ」3モデルの仕様
104
【表】無人フォークリフト「CarriRoⓇ Fork」の基本仕様
105
【表】「CarriRoⓇ」シリーズの出荷実績(2017~2018年度、2019年度見込)
106
【表】「CarriRoⓇ Deli」の基本仕様
109
111
【表】「windowmate WM」シリーズ製品仕様
111
【表】「windowmate RT」シリーズの基本仕様
112
【表】「windowmate WM」シリーズの出荷実績推移(2017~2018年度、2019年度見込)
113
117
【表】「AnieⓇLite」の基本仕様
117
【表】「クローラーTO」の基本仕様
118
【表】「AnieⓇLite」の出荷実績推移(2017~2018年度、2019年度見込)
119
123
【表】「RULO Pro」の主な仕様
123
【図】「RULO Pro」の採用センサとサイドブラシ
124
【表】「RULO Pro」の出荷実績推移(2017~2018年度、2019年度見込)
125
129
【表】「BakeryScanⓇ」の基本仕様(オールインワンタイプ)
129
【表】「BakeryScanⓇ」の出荷実績推移(2017~2018年度、2019年度見込)
131
135
【図】配膳ロボット「Amy」の外観
135
【表】「STR-100」の主な仕様
137
【図】自動進入・自動把持のイメージ
138
【図】「ワンダーレジ」の外観
139
143
【表】業務用サービスロボットの市場成熟度
143
145
【表】業務用サービスロボットの課題・問題点
147
148
【表】業務用サービスロボットに対する期待材料と取り組み
150
151
【表】業務用サービスロボットの可能性と展望
152
153
【表・ク゛ラフ】業務用サービスロボットの市場規模予測(数量ベース 2020~2022年度予測)
153
【表・ク゛ラフ】業務用サービスロボットの市場規模予測(金額ベース 2020~2022年度予測)
154

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.