ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 災害大国日本で注目集める防災食品市場の現状と展望

災害大国日本で注目集める防災食品市場の現状と展望

2011年に東日本大震災が発生して以降、2016年には熊本地震、2018年には西日本豪雨、北海道胆振東部地震、2019年には台風19号など、日本列島は、地震、台風、豪雨など多くの自然災害に見舞われている。 東日本大震災では、大手食品メーカーやコンビニベンダーが被災地にパンやおにぎりを提供したが、同じ食品を食べ続けたことから数日で飽きられ、大量に廃棄された経験がある。また、被災地に工場が立地した食品メーカーでは、停電や断水で製造ラインがストップし、サプライチェーンが切断され、長期にわたり商品供給が滞った。 こうした経験を踏まえ、防災食品メーカーでは、被災者に飽きさせないよう品揃えを増やし、備蓄可能な常温品の開発を強化した。一方、地方自治体では、日ごろから食品を備蓄、例えば東京都では、都・区・市町村ごとに1,500万食を超える食料を備蓄するほか、病院や介護施設では、給食の提供に支障をきたさないよう、数日分の常温食品を備蓄している。このような需要に支えられて、防災食品は、品揃えが増え、常温品が開発され、消費期間は長期化しながら、一つの食品産業に成長しつつある。 本調査では、防災食品の市場規模や市場構成比、大口需要家(官公庁、民間企業、医療・介護施設)のニーズ、参入企業の市場戦略などを調査・分析することで、防災食品の現状と今後を明確化した。

発刊日 2020年03月31日 体裁 180頁
資料コード C61126900 PDFサイズ 2.2MB
カテゴリ 食品、アグリ、バイオ
調査資料価格 198,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
PDFレギュラー 定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  231,000円   ( 本体  210,000円   消費税  21,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  396,000円   ( 本体  360,000円   消費税  36,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  429,000円   ( 本体  390,000円   消費税  39,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  594,000円   ( 本体  540,000円   消費税  54,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2020/05/31~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2020/05/31~ 900円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/09/30~
(スタンダード) 2021/03/31~
電話・ウェブサイト:
2020/05/31~ 1,500円/頁
2020/06/30~ 900円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

(1)防災食品の定義
11
(2)防災食品の主要メーカー・商品
12
(3)災害時の食への安心を担保するローリングストック
13
(4)日本災害食学会「日本災害食」の認証基準
14
(1)行政機関
16
(2)民間企業
17
(3)病院・介護施設
18
(4)一般消費者
19
20
・株式会社ナリコマエンタープライズ
20
・タイヘイ株式会社
22
25
【表・ク゛ラフ】防災食品の市場規模推移(2015~2018年度、2019年度見込)
26
【表・ク゛ラフ】防災食品の商品カテゴリー別市場構成比(2019年度見込)
27
【表・ク゛ラフ】防災食品の末端販売チャネル別構成比(2019年度見込)
28
【表・ク゛ラフ】防災食品のユーザー構成比(2019年度見込)
29
(1)防災食品の流通フロー
(2)商流イメージ
30
(1)閑散・繁忙期における業務量の平準化が課題
(2)多様化する食ニーズへの対応が課題
31
【ク゛ラフ】BCPに基づく、災害時の具体的な対策の有無
【ク゛ラフ】防災食品の採用基準/防災食品への要望や不満点
11.【表・ク゛ラフ】防災食品の市場規模予測(2020~2024年度)
34
12.【表・ク゛ラフ】防災食品の成長性分析
35
39
(2)企業事例
40
(3)成長分野
40
41
(2)企業事例
42
(3)成長分野
42
43
(1)市場動向
(2)企業事例
(3)成長分野
44
(2)企業事例
45
(3)成長分野
45
46
(2)企業事例
47
(3)成長分野
47
48
(1)市場動向
(2)企業事例
(3)成長分野
49
(1)市場動向
(2)企業事例
(3)成長分野
50
(2)企業事例
51
(3)成長分野
51
52
(1)市場動向
(2)企業事例
(3)成長分野
55
1.BCP対応の有無
56
2.現在保管している防災食品
57
3.防災食品の保管状況
59
4.貴事業所での備蓄分
61
5.防災食品の仕入先
62
6.防災食品の選定理由
65
7.防災食品の入れ替えサイクルの目安
67
8.防災食品の採用基準
68
9.防災食品への要望や不満点
70
10.防災食品の今後の備蓄対応
73
11.回答先一覧
75
1.防災食品事業への参入経緯
79
2.商品開発
83
3.生産動向(生産体制・安全衛生対策など)
90
4.販売ルート・チャネル
93
5.販売促進戦略
96
6.課題点
100
7.今後の事業戦略、等
104
掲載内容:企業概要/事業展開動向/防災食品の商品概要/防災食品の売上構成比/商品開発動向/生産動向/販売ルート・チャネル/販売促進戦略/事業展開上の課題点/今後の事業戦略
※企業により多少掲載内容が異なります。ご了承ください。
アルファフーズ株式会社~防災食の食物アレルゲン27品目不使用・介護食対応に注力~
111
井村屋グループ株式会社~非常時に誰もがおいしく食べられる商品を提供~
116
尾西食品株式会社~多様化する食ニーズ・商品ラインナップの強化によりトータル提案できる営業体制を構築~
122
カゴメ株式会社~食を通じて社会課題の解決に取り組み、持続的に成長できる強い企業を目指す~
127
株式会社セイエンタプライズ~超・長期保存を可能とするサバイバルフーズ、25年を保証するための事業戦略~
133
能美防災株式会社~ワークスペースのフリーアドレス化により減少する保管スペース、保管場所の確保が課題に~
137
希望食品株式会社~デイキャンプやBBQ等・アウトドア需要の獲得でカップ麺に次ぐメジャー商品へ~
140
株式会社パン・アキモト~義援先を繋ぐ救缶鳥プロジェクト、賞味期限の延長により食品ロス削減・SDGsに貢献~
145
ホリカフーズ株式会社~火や水を使わず本格的な食事提供、被災地で救援・復旧活動を行う労働者の健康を守る~
149
株式会社ボローニャFC本社~おいしさ・長期保存を両立した缶入りデニッシュパン、多方面に用途が拡大~
154
ミドリ安全株式会社~多様化する食ニーズ、アレルゲンフリー・ハラル対応食の需要高まる~
161
株式会社明治~液体ミルク、乳児のより良い発育と利便性の追求へ~
166
森永乳業株式会社~ロングライフ製法が食品ロス・災害備蓄など活躍の場を拡大~
171
株式会社横浜岡田屋~リードタイムは発注から1ヶ月・自然災害発生による需要変動への対応が課題~
175

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.