ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2020年版 嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食に関する市場実態と将来展望

2020年版 嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食に関する市場実態と将来展望

周辺環境の大きな変化と新たな製品の市場投入で成長期にある『嚥下食』『咀嚼困難者食』『介護予防食』の市場について、その市場動向と参入企業動向、市場の将来見通しなどを、総合的、多面的に調査、分析を行います。 なお、前回版との違いとしまして、本年は食品表示制度や給食費の改定など、各種制度変更が当該市場にどの様に影響を与えるかについて分析します。

発刊日 2020年04月28日 体裁 342頁
資料コード C62100300 PDFサイズ 13.8MB
カテゴリ 食品、アグリ、バイオ / ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器
調査資料価格 363,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  363,000円   ( 本体  330,000円   消費税  33,000円  )
PDFレギュラー 定価  363,000円   ( 本体  330,000円   消費税  33,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  396,000円   ( 本体  360,000円   消費税  36,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  726,000円   ( 本体  660,000円   消費税  66,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  759,000円   ( 本体  690,000円   消費税  69,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  1,089,000円   ( 本体  990,000円   消費税  99,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2021/04/28~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2021/04/28~ 1,500円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2021/04/28~
(スタンダード) 2021/04/28~
電話・ウェブサイト:
2021/04/28~ 1,500円/頁
  • この資料は 2021年04月28日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

13
【表・ク゛ラフ】嚥下食の市場規模推移と予測(2014~2018年度、2019年度見込、2020~2023年度予測)
【表・ク゛ラフ】咀嚼困難者食の市場規模推移と予測(2014~2018年度、2019年度見込、2020~2023年度予測)
【表・ク゛ラフ】介護予防食の市場規模推移と予測(2014~2018年度、2019年度見込、2020~2023年度予測)
2.企業動向
3.展望と課題
1)市場の定義
19
2)栄養療法における嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の位置付け
22
6)介護食品の流通構造
50
7)日本メディカルニュートリション協議会の活動
51
8)地域高齢者等の健康支援を推進する配食事業の栄養管理に関するガイドライン
52
9)日本栄養支援配食事業協議会の活動
53
10)省力化に貢献するとろみ調整機
55
57
58
59
92
93
93
103
1)嚥下食
109
2)咀嚼困難者食
129
3)介護予防食
138
1)形状(形態)の改良
151
2)添加栄養素の改良
151
3)味の改良、見た目のおいしさの追求
152
4)食感の改良
152
5)食物繊維入り(消化、吸収性の改良)
152
6)褥瘡対策
153
7)たんぱく質の重要性
153
8)エネルギー強化製品
153
9)冷凍食品タイプの増加
153
10)現場の省力化対応
154
1)嚥下食
155
2)咀嚼困難者食
156
3)介護予防食
156
1)嚥下食
157
2)咀嚼困難者食
159
3)介護予防食
160
1)嚥下食
161
2)咀嚼困難者食
161
3)介護予防食
161
【表】全国病院用食材卸売業協同組合会員一覧
162
11.対象患者&ユーザー動向
164
1)嚥下食
165
2)咀嚼困難者食
165
3)介護予防食
166
1)嚥下食
169
2)咀嚼困難者食
170
3)介護予防食
171
1)嚥下食の将来展望
172
173
3)咀嚼困難者食の将来展望
174
176
5)介護予防食の将来展望
177
178
1.企業概要(本社所在地/TEL/資本金/設立/従業員/業績推移(3期分)/業務内容)
2.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の取扱製品(名称、特徴、販売価格、販売単位)
3.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の売上高推移と内訳(メーカー出荷ベース)
4.事業スキームと担当部門(開発・生産・販売担当と事業提携先)
5.開発動向
6.生産動向
7.販売動向
8.当該事業の問題点と課題
9.今後の市場戦略
10.当該市場の現状分析と今後の見通し(注目する企業と製品、各種市場要因と市場性判断)
◆アサヒグループ食品株式会社~ベビーフードで培った開発力で「バランス献立」シリーズを拡充~
181
◆旭松食品株式会社~業務用・在宅用カットグルメが期待以上の成長~
187
◆イーエヌ大塚製薬株式会社~「あいーと®」を31アイテム展開、在宅が7割占める~
194
◆キッセイ薬品工業株式会社~治療食と介護食の両輪でヘルスケア事業を第二の柱に~
201
◆キユーピー株式会社~「やさしい献立」シリーズの拡充で在宅需要の取り込みを図る~
207
◆クックデリ株式会社~高齢者の毎日の楽しみを実現する施設向け食事提供サービス~
214
◆株式会社クリニコ~病院・施設を拡大しつつ、経口商品で在宅に注力~
218
◆SOMPOケアフーズ株式会社~グループ介護施設給食をコア事業に外販を拡大~
226
◆株式会社タカキベーカリー~介護・離乳食にこだわらず食べやすいパンを作る~
232
◆大和製罐株式会社~オンリーワンの「ムース食」「とろみ付き飲料」で介護分野に参入~
235
◆堂本食品株式会社~シルバー施設で「思いやり堂本便」が伸長~
240
◆ニュートリー株式会社~「ブイ・クレスCP10ゼリー」が“えん下困難者用食品”の表示許可受ける~
244
◆ネスレ日本株式会社~アクティブシニアに向け『アイソカルサポートファイバー』を発売~
255
◆ハウス食品株式会社~業務用カップタイプ、ゼリーとおかずが好調~
262
◆株式会社フードケア~主力の介護食品が好調に推移~
268
◆株式会社ファイン~現場の時短ニーズに対応できる商品開発に注力~
277
◆フジッコ株式会社~コア事業の強化とともに業務用(ウェルネス)の伸長を図る~
282
◆ヘルシーフード株式会社~卸、メーカー、通販の全方位に展開~
288
◆株式会社ベスト~『まろやか食専科』は新規販売チャネルを開拓~
295
◆ホリカフーズ株式会社~天然素材・美味しさにこだわった独自の介護食を開発~
300
◆株式会社マルハチ村松~業務用は朝食向けと手間いらずが支持される~
307
◆マルハニチロ株式会社~「メディケア食品」は業務用冷凍食品が牽引~
314
◆三島食品株式会社~オンラインショップを強化するも基本は業務展開~
323
◆株式会社明治~「トロメイク」「ブリックゼリー」「ソフトゼリー」が好調~
328
◆株式会社メディカルフーズ~病態食のノウハウを活用、新たな商品領域に参入~
334
◆株式会社𠮷野家~「𠮷野家のやさしいごはん」を業務用、市販用で展開~
338

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.