2020 CAE市場の実態と展望

CAEを取り巻く環境は劇的に変化している。まずは新型コロナウィルス感染症の世界的流行である。クラウド化の進展や設計者の働き方にも影響を与えている。そればかりではなく、現在、自動車業界は100 年に一度の大変革の時代といわれている。CASE(Connected=コネクテッド、Autonomous=自動運転、Shared & Services=カーシェアリングとサービス、Electric=電気自動車)という4つの領域が、自動車メーカーにとって大きなインパクトとなる。このような技術革新は、機械系CAE にも変革をもたらしている。 本調査レポートでは、解析種類別にCAEツールの詳細販売動向を掲載するとともに、直近の市場動向について徹底解説した。

発刊日 2020年07月07日 体裁 293頁
資料コード C62110500 PDFサイズ 2.3MB
カテゴリ 情報通信
調査資料価格 220,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  220,000円   ( 本体  200,000円   消費税  20,000円  )
PDFレギュラー 定価  220,000円   ( 本体  200,000円   消費税  20,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  253,000円   ( 本体  230,000円   消費税  23,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  440,000円   ( 本体  400,000円   消費税  40,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  473,000円   ( 本体  430,000円   消費税  43,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  660,000円   ( 本体  600,000円   消費税  60,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2020/09/07~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2020/09/07~ 900円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2021/01/07~
(スタンダード) 2021/07/07~
電話・ウェブサイト:
2020/09/07~ 1,500円/頁
2020/10/07~ 900円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

11
1.1.【ク゛ラフ】機械系CAE売上高の推移(全世界:2018,2019年,2020年見込み)
1.2.【ク゛ラフ】機械系CAE売上高の推移(日本国内:2018,2019年,2020年見込み)
1.3.【表・ク゛ラフ】機械系CAEアプリケーション分野別集計(2018,2019年,2020年見込み)
1.4.【ク゛ラフ】機械系CAE市場規模予測(全世界/2018,2019年,2020~2025年予測)
1.5.【ク゛ラフ】機械系CAE市場規模予測(日本国内/2018,2019年,2020~2025年予測)
2.1.【ク゛ラフ】機械系CAE市場シェア(全世界:2020年)
2.2.【ク゛ラフ】機械系CAE市場シェア(日本国内:2020年)
2.3.【ク゛ラフ】1DCAE市場シェア(日本国内:2020年)
2.4.【ク゛ラフ】数値解析市場シェア(日本国内:2020年)
2.5.【ク゛ラフ】バイオロジクス市場シェア(日本国内:2020年)
2.6.【ク゛ラフ】計算科学市場シェア(日本国内:2020年)
3.展望と課題
25
26
1.3.新型コロナウィルス感染症による大きな落ち込みが予想
27
1.4.テレワークが普及するきっかけになる?
29
1.5.CAEは3段階にわけて考えるべき
30
1.6.連成解析があたりまえの時代に
31
1.7.CASE時代をむかえた自動車業界におけるCAE
33
1.8.バイオロジクスと計算化学は高成長が見込まれる
34
2-1.【表・ク゛ラフ】機械系CAE市場予測 (全世界/メーカー出荷ベース/2018,2019年,2020~2025年予測)
36
2-2.【表・ク゛ラフ】機械系CAE地域別市場予測 (全世界/メーカー出荷ベース/2018,2019年,2020~2025年予測)
37
2-3.【表・ク゛ラフ】ソフトウェアライセンス、サービス別市場予測 (全世界/メーカー出荷ベース/2018,2019年,2020~2025年予測)
38
2-4.【表・ク゛ラフ】機械系CAE市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018,2019年,2020~2025年予測)
39
40
43
3-1.【表・ク゛ラフ】1DCAE市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018,2019年,2020~2025年予測)
58
3-2.【表・ク゛ラフ】数値解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018,2019年,2020~2025年予測)
59
3-3.【表・ク゛ラフ】バイオロジクス市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018,2019年,2020~2025年予測)
60
3-4.【表・ク゛ラフ】計算化学市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018,2019年,2020~2025年予測)
61
1-1.【表・ク゛ラフ】機械系CAE売上高推移(全世界:2018,2019年,2020年見込み)
65
66
68
70
2-1.【表・ク゛ラフ】機械系CAE売上高推移(日本国内:2018,2019年,2020年見込み)
72
73
75
83
3-1.【表・ク゛ラフ】1DCAE売上高推移(日本国内:2018,2019年,2020年見込み)
129
130
3-3.【表・ク゛ラフ】数値解析売上高推移(日本国内:2018,2019年,2020年見込み)
133
134
3-5.【表・ク゛ラフ】バイオロジクス売上高推移(日本国内:2018,2019年,2020年見込み)
137
138
3-7.【表・ク゛ラフ】計算化学売上高推移(日本国内:2018,2019年,2020年見込み)
141
142
147
148
149
150
151
153
154
155
156
158
159
160
161
162
163
164
165
169
【ク゛ラフ】アンシスの売上高と純利益推移(2016年12月~2019年12月)/地域ごとの売上高(2017年12月~2019年12月)
174
【ク゛ラフ】ヴァイナスの売上高推移(2015年9月期~2019年8月期見込み)
■MSCソフトウェア(シミュレーションとセンシングを組み合わせたデジタルツインの構築を目指す)
181
■シーメンスPLMソフトウェア(Simcenter 3D 2019.2をリリース)
185
■JSOL(生産技術CAEと樹脂複合材解析の2本柱)
189
■ソフトウェアクレイドル(MSCソフトウェア製品との連携がすすむ)
192
196
【ク゛ラフ】ダッソー・システムズの業績推移(2016年12月~2019年12月)/日本地区の売上高推移(2017年12月~2019年12月)
【ク゛ラフ】製品別売上高(2016年12月~2019年12月)
<海外メーカー>(アルファベット順)
◇Altair Engineering
202
◇Ansys
206
◇Autodesk
210
◇AutoForm Engineering
214
◇CoreTech System
218
◇Dassault Systems
222
◇DS SolidWorks
226
◇ESI Group
230
◇Flow Science
234
◇FunctionBay
238
◇MSC Software
242
◇Siemens PLM Software
246
◇株式会社アライドエンジニアリング
250
◇株式会社ヴァイナス
254
◇クオリカ株式会社
258
◇サイエンスソリューションズ株式会社
262
◇サイバネットシステム株式会社
266
◇株式会社JSOL
270
◇株式会社先端力学シミュレーション研究所
274
◇株式会社ソフトウェアクレイドル
278
◇株式会社テクノスター
282
◇東レエンジニアリング D ソリューションズ株式会社
286
◇プロメテック・ソフトウェア株式会社
290

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.