ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2020年版 カテーテル&チューブ、IVR製品市場の中期予測と関連製品の徹底分析

2020年版 カテーテル&チューブ、IVR製品市場の中期予測と関連製品の徹底分析

本調査レポートでは、血管系診断用カテーテル、血管系・非血管系 IVR 製品、各科特有・汎用型カテーテル&チューブに、患者数、新技術動向、流通特性などの市場環境要因を加え、52項目(80区分)の2009~2020年度実績・見込み値と、2024年度までの市場予測、メーカーシェア、各社の販売政策、製品導入、今後の成長製品、分野別動向を分析しております。

発刊日 2021年02月08日 体裁 703頁
資料コード C62121900 PDFサイズ 18.9MB
カテゴリ ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器
調査資料価格 132,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  132,000円   ( 本体  120,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  132,000円   ( 本体  120,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  264,000円   ( 本体  240,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  297,000円   ( 本体  270,000円   消費税  27,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  396,000円   ( 本体  360,000円   消費税  36,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2021/04/08~ コピーサービス
開始日と料金
(片面1頁/税別)
閲覧室: 2021/04/08~ 700円
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2021/08/08~
(スタンダード) 2022/02/08~
電話・ウェブサイト:
2021/04/08~ 1,200円
2021/05/08~ 700円

■ご案内■

こちら資料のPartⅡは WEB販売では§(セクション)単位でご提供しております。より少単位でのデータをご希望でしたらYDB閲覧室までご遠慮なくご相談お電話ください。

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

21
◆調査品目における金額ベース市場規模推移(製造販売業/販売元出荷ベース 2012~2024年度)
38
◆調査品目における数量ベース市場規模推移(製造販売業/販売元出荷ベース 2012~2024年度)
44
◆品目別マーケットリーダー
50
57
89
市場概要
市場規模:2019年度出荷ベースで前年比1.1%ダウンの34.15万本、実質症例ベース:22.16万例、2020年度は新型コロナウイルスの影響が大きく33.66万本、実質症例数:20.30万例見込み
企業別動向
100
市場概要
市場動向:2019年度18,020本、2020年度17,640本見込み
107
市場概要
市場規模:引き続きシャントPTA、Stent Graft症例の安定推移の中、2019年度36.58万本、症例数合計は21.12~21.63万例、2020年度は36.94万本見込み
企業別動向
末梢血管用ガイディング、ガイドワイヤー市場:上位企業高シェア変わらず
127
市場概要
市場規模:2019年度は新製品上市などにより前年比6.5%アップ(4,800本増)の78,250本(推定症例数:56,510例)、2020年度は新型コロナの影響もあって3.6%ダウンの75,450本(同:54,215例)見込み
企業別動向:新製品投入相次ぐ
138
市場概要
市場規模:2019年度トータルでは7.4%ダウンの194.46万本、2020年度189.95万本見込み、心臓は149.28万本(2020年度:144.54万本見込み)、腹部27.65万本(同:27.33万本見込み)、脳血管17.53万本(同:18.08万本見込み)
企業別動向:各社伸び悩む中、国産上位企業の寡占化が続く
157
市場動向:肺動脈造影用(旧区分)市場 2019年度15,400本、2020年度は15,600本見込み
オクリュージョンカテーテル特殊型市場(旧区分含む):2019年度38,990本、2020年度39,040本見込み
165
市場概要
市場規模:2019年度は2.0%ダウンの79億15百万円、2020年度は80億10百万円見込み
企業別動向:トップ企業シェア維持
181
202
市場概要
市場規模:2019年度168.32万本、2020年度174.46万本見込み
企業別動向:トップ企業圧倒的シェア
末梢血管用ガイドワイヤー(微細血管用):2019年度25.34万本、2020年度26.67万本見込み
209
市場概要
市場動向:2019年度センサー付ガイドワイヤーは、安定冠動脈患者への適用拡大により大幅増の前年度から13,482本増の104,892本、2020年度は97,899本見込み
217
市場概要
市場規模:遠位端可動型は引き続きアップとなるものの、2019年度トータル市場は1.8%ダウンの245.55万本/セット、2020年度は240.55万本/セット見込み
参入企業動向:トップシェア企業実績続伸
225
市場概要
市場動向:2019年度16,300本、2020年度16,700本見込み
229
市場概要
市場規模:2019年度は前年比2.6%ダウンの143,980本、2020年度133,070本見込み
企業別動向:右下がりのトレンドが続く
239
市場概要
市場動向:血栓除去用カテーテル:トップ企業安定実績の中、販売終了製品もあり2019年度30,880本、2020年度27,930本見込み
経皮的血栓除去用カテーテル市場(Thrombolysis):2019年度56,385本、2020年度56,230本見込み、血栓吸引タイプは販売終了製品等からマイナス実績
脳血栓除去用デバイス:2019年度8,000セット(推定症例:7,490例)、2020年度7,980セット(同:7,450例)見込み
252
市場概要
市場規模:2019年度下大静脈留置フィルターセットは5,680セット(2020年度:4,980セット見込み)、血管内血栓異物除去用留置カテーテル「一般型」は9,280本(同:8,400本見込み)、「頸動脈ステント併用型」は11,607本/セット(同:12,510本/セット見込み)
企業別動向:下大静脈留置フィルターセット・血栓異物除去用留置カテーテル:一般型共にトップ企業がシェア維持
262
市場概要
市場動向:2019年度は16,332本、2020年度は14,845本見込み
267
極細経内視鏡
市場動向:2019年度3,020本(血管内視鏡:2,370本)、2020年度2,875本(血管内視鏡:2,250本)見込み
参考資料:ハンディタイプ内視鏡
市場動向:2019年度812台(本)、2020年度780台(本)見込み
277
市場概要
市場動向:プローブ:カテーテルは2019年度35.44万本、2020年度36.96万本見込み、うち心腔内プローブは2019年度7.54万本、2020年度7.35万本見込み
企業別動向:プローブ・装置ともにトップシェア企業が安定した実績を維持
参考資料:血管内光断層・光干渉断層診断システム2019年度38,600本、装置20台、2020年度36,400本・20台見込み
289
市場概要
市場規模:2019年度178.7万キット、2020年度166.8万キット見込み
企業別動向:トップ企業圧倒的シェア維持
297
市場概要
市場規模:2019年度アンギオキット/パックは136.03万セット、2020年度は129.59万セット見込み
企業別動向:上位企業のシェアは変わらず、装置展開企業3社で数量ベース76.2%のシェア
307
市場概要
市場動向:2019年度は前年増の反動から9台減の155台、2020年度は新型コロナウイルスの流行拡大による手術減の影響があるものの151台見込み
企業別動向
319
市場概要
市場規模:2019年度は37.35万本、2020年度は新型コロナによる補助循環症例増から38.78万本見込み
企業別動向:上位2社がプラス実績で数量ベース77.7%のシェア
325
350
市場概要
市場動向:大動脈弁狭窄症の患者数増やTAVI:TAVR の症例増から2019年度も引き続きアップ実績となる4,913本、2020年度は5,120本見込み
355
市場動向:2019年度 21台、2020年度は22台見込み
CABGにおけるOff-Pump市場
RF心房細動手術装置
血管領域自動吻合器/血管縫合補助器具市場:2019年度5,665セット
362
市場概要
市場規模:2019年度トータル市場は1,006.6万本/セット、2020年度1,000.4万本/セット見込み、トレイキットは590.5万キット
企業別動向:トップ企業圧倒的シェアを維持
373
市場動向:2019年度29,100本、2020年度は28,600本見込み
377
市場概要
市場規模:2019年度5.6%アップの279,450セット、2020年度2.6%ダウンの272,080セット見込み、うち、一般型 異物付着防止型は2019年度126,000本、2020年度は122,000本見込み
企業別動向
385
市場概要
395
市場概要
市場動向:2019年度セットベースで22,465セット(2020年度:21,910セット見込み)、単品カテーテルは255,160本(同:255,150本見込み)
401
市場概要
市場動向:ネラトンカテーテルの2019年度は6,449.8万本(2020年度:6,490.6万本見込み)、自己導尿カテーテルは2019年度大幅増の354.0万本(同:369.5万本見込み)
407
市場動向:2013年度以降市場無し
408
420
市場概要
市場規模:2019年度170.3万本、2020年度168.6万本見込み
企業別動向:大きなシェア変動は無く、上位4社が高シェア維持
経皮的気管切開市場:2019年度11,385セット、2020年度11,350セット見込み
429
市場動向:2019年度3億4,306万本、2020年度3億4,525万本見込み、上位2社で7割強のシェア
閉鎖式サクションカテーテル市場:2019年度134.4万本、2020年度は137.6万本見込み
433
市場概要
市場規模:硬膜外カテーテル単品・キット/セットで、2019年度は前年フラットの118.88万本/キット、2020年度:117.99万本/キット見込み
企業別動向:有力企業をはじめ大きな増減・シェア変動無し
445
467
市場概要
市場規模:2019年度:5.6%アップの110,667ケ/セット、うち静脈用は6.7%アップの98,571ケ/セット
企業別動向:上位企業プラス実績
475
市場概要
市場動向:ストマックチューブは2019年度248.7万本(2020年度:243.5万本見込み)、イレウス用ロングチューブは7.22万本/セット(同:7.24万本/セット見込み)
482
市場概要
市場動向:2019年度38,000セット、2020年度37,000セット見込み
487
市場概要
市場規模:交換用カテーテルは2019年度70.95万本、2020年度70.77万本見込み、造設用キット(PTEGを含む)は、2019年度5.85万キット、2020年度5.60万キット見込み
企業別動向:市場縮小傾向の中、上位企業の高シェア変わらず
500
市場概要
市場動向:栄養カテーテル2019年度0.9%ダウンの330.42万本(2020年度:323.17万本見込み)、経腸栄養用:EDチューブは2019年度1.6%ダウンの81.15万本(同:80.15万本見込み)
企業別動向:栄養カテーテル上位2社で70%弱のシェア
510
市場概要
市場動向:2019年度39,919本、2020年度39,152本見込み、上位2社で1万本以上の実績を維持
企業別動向
517
市場概要
市場動向:2019年度EIS穿刺針(局注針)は他症例使用を含め72.06万本(2020年度:72.69万本見込み)、EVLの2019年度は3.45万セット(同:3.22万セット見込み)
524
539
市場動向:2019年度8,220本(キット)、2020年度7,890本(キット)見込み
541
市場概要
市場動向:2019年度は前年比3.1%アップの132,810本、2020年度は新型コロナの影響もあり12.8%ダウンの115,790本見込み、テルモ卵管形成術用カテーテルアップ実績
545
市場概要
市場動向:2019年度153.77万本(2020年度:155.56万本見込み)
549
市場概要
564
市場概要
市場動向:2019年度は1.4%アップ(2.09万本増)の152.7万本、2020年度は新型コロナの影響から8.4万本減の144.3万本見込み
企業別動向:トップ企業2019年度もプラス実績でシェアアップ
572
市場概要
市場動向:2019年度本数ベースでは前年比2,300本増の189,000本/セット、2020年度は188,070本/セット見込み
※掲載企業についてはYDB閲覧室までお問合せ下さい

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.