ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2021年版 睡眠関連ビジネス市場の現状と将来展望

2021年版 睡眠関連ビジネス市場の現状と将来展望

睡眠関連ビジネスというカテゴリーが形成され始めたのは2000年頃に入った頃からで、まだ新しい市場であるが、24時間社会が浸透し、長時間労働や交代制勤務の常態化や雇用不安、睡眠の問題を抱えている人の数は上昇しており、日本人を対象にした調査での5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」、「何らかの不眠がある」と回答している。 新型コロナによる様々なストレスにより、睡眠の問題を抱えている人の数はさらに上昇しているとみられ、快適な睡眠へのアプローチを行うための睡眠関連ビジネス市場は拡大傾向にあり、寝具や寝室における付加価値の高い製品の投入が相次ぎ、睡眠導入剤や睡眠に関する機能性表示食品の需要が急増している。 また、近年では睡眠障害から生じる身体的影響のみならず、社会的な損失にまで言及されるように社会情勢は変化してきており、AI、IoTテクノロジーを睡眠に応用した「スリープテック」が注目され、製品化が進み、技術の発展と市場の拡大が期待されている。 睡眠に関わる製品を、機能性寝具類、機能性表示食品、医薬品(睡眠薬、睡眠改善薬)、医療機器(SAS、CPAP)、スリープテック関連製品とし、これらを市場(マーケット)として捉え、睡眠に関連する製品の市場動向と今後の予測について分析している。

発刊日 2021年08月06日 体裁 169頁
資料コード C63107400 PDFサイズ 3.5MB
カテゴリ ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器
調査資料価格 170,500円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  170,500円   ( 本体  155,000円   消費税  15,500円  )
PDFレギュラー 定価  170,500円   ( 本体  155,000円   消費税  15,500円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  203,500円   ( 本体  185,000円   消費税  18,500円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  341,000円   ( 本体  310,000円   消費税  31,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  374,000円   ( 本体  340,000円   消費税  34,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  511,500円   ( 本体  465,000円   消費税  46,500円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2021/10/06~ コピーサービス
開始日と料金
(片面1頁/税込)
閲覧室: 2021/10/06~ 880円
YDB eLibrary
 閲覧不可資料です。
電話・ウェブサイト:
2021/10/06~ 1,650円
2021/11/06~ 880円

■お詫び■

本資料のYDB閲覧・コピーサービスに関しまして2021/10/6からのご利用開始を予定しておりましたが、データに不具合があり利用開始を見合わせております。
ご不便をおかけして申し訳ございません。
(YDB閲覧室2021/10/5付お知らせ)

リサーチ内容

SUMMARY

 
睡眠関連ビジネス市場の現状と将来展望 ~SUMMARY~
1.分析区分別 市場規模動向
2.睡眠関連ビジネス市場背景
3.カテゴリー別 市場動向
  (1)機能性寝具・寝具類
  (2)機能性表示食品市場
  (3)睡眠改善薬(OTC医薬品)市場
  (4)在宅持続陽圧呼吸療法:CPAP関連市場
  (5)スリープアプニア(SAS)市場
  (6)スリープテック関連製品・サービス市場
 

PART1 睡眠関連ビジネスの市場概要

 
1.睡眠関連ビジネスの市場概要
  【睡眠に関連するビジネス市場の定義】
  【睡眠の定義】
  【国内の睡眠関連ビジネスの背景】
2.睡眠関連ビジネスにおける市場環境
  【睡眠に関する社会環境】
    ①国内人口
    ②65歳以上の人口(団塊の世代の動向)
    ③出生数(出生順位別)推移
    ④結婚:初婚数の推移
  【睡眠に関する公的データ】
    ①経済協力開発機構(OECD)国際比較調査(平均睡眠時間)
    ②NHK 国民生活時間調査 平均睡眠時間
    ③厚生労働省「国民健康・栄養調査」
    平均睡眠時間
    睡眠の質の状況
    参考:NHK 国民生活時間調査 平均仕事時間
  【医療・介護費等の社会保障給付費の見通し】
  【国民健康づくり対策】
  【通信端末】
 

PART2 睡眠関連ビジネスの分野別 市場動向

 
1.機能性寝具(マットレス、枕)、寝具類
  【市場概要】
  【製品概要と市場背景】
    ①枕(ピロー)
    ②マットレス
    ③掛ふとん
    ④毛布類
    ⑤シーツ・カバー類
    ⑥ベッド
  【市場規模】
  【市場動向】
  【販売動向】
    ①流通戦略
    ②新型コロナウイルスの影響による流通戦略の変化
    ③販売戦略
  【製品別動向】
    ①枕(ピロー)
    ②マットレス
    ③布団類・シーツ・カバー類
2.機能性表示食品(食品・サプリメント)
  【市場概要】
  【製品概要及び市場背景】
    ①成分届け出比率
    ②形状届け出比率
  【市場規模】
    ①トータル市場規模
    ②加工食品形状別市場規模
    ③成分別市場規模
    ④食品カテゴリー別 市場規模/比率
    ⑤企業別 市場規模/メーカーシェア
  【市場動向】
  【販売動向】
    流通戦略
  【製品別動向】
    ①サプリメント
    ②菓子類
    ③ドリンク類
3.睡眠導入剤
  【市場概要】
  【製品概要及び市場背景】
  【市場規模】
    ①Total市場
    ②成分別市場
    ③ジェネリック(成分別)市場
4.睡眠改善薬(OTC医薬品)
  【市場概要】
  【製品概要】
  【市場規模】
5.スリープアプニア市場:Sleep Apnea Syndrome~SAS
  診断装置(睡眠時無呼吸モニタ 呼吸睡眠モニタ、睡眠ポリグラフシステム)
  【市場概要】
  【市場動向】
6.経鼻的持続陽圧呼吸療法装置:CPAP(スリープCPAP マスクCPAP)
  【市場概要】
  【市場動向】
7.スリープテック関連製品市場
  【市場概要】
  【市場背景】
    国内ヘルスケア産業政策
    睡眠サービスコンソーシアム
  【製品概要】
  【市場規模】
  【区分別シェア】
  【海外のスリープテックについて】
 

PART3 睡眠関連ビジネス企業個表

 
寝具関連企業 11社
機能性食品関連企業 4社
スリープテック関連企業 6社

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.