ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > Yano E plus 2018年10月号(No.127)

Yano E plus 2018年10月号(No.127)

発刊日 2018年10月15日 体裁 107頁
資料コード D60100810 PDFサイズ
カテゴリ マテリアル / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信
資料閲覧開始 閲覧室: 2018/12/15~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2018/12/15~ 600円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/04/15~
(スタンダード) 2019/10/15~
電話・ウェブサイト:
2018/12/15~ 1,200円/頁
2019/01/15~ 600円/頁
  • 本資料のご案内、購読お申込みはこちら

Yano E Plusのコピーサービスご利用について オンラインにてコピーサービスをご利用をいただく場合、お受け取り方法はeメール添付または郵送となります。即時ダウンロードはご利用いただけません。また、オンラインでのコピーサービスクーポンはご利用いただけません。ご了承ください。★コピーサービスの価格は、ご購入手続き完了後に確定いたしますので、事前に金額確認が必要な場合は、備考欄に「見積もり希望」とご記載いただくか、お電話にてお問合せください。

エレクトロニクスを中心に、産業の川上から川下まで、すなわち素材・部材から部品・モジュール、機械・製造装置、アプリケーションに至るまで、成長製品、注目製品の最新市場動向、ならびに注目企業や参入企業の事業動向を多角的かつタイムリーにレポートいたします。

◆発刊要領
資料体裁:B5判版 約100~130ページ
発刊頻度:月1回発刊(年12回)
販売価格:本体価格97,142円(1ヵ年/税別)

詳しくは、こちらまでお問合せください。

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

~汎用性の高い新製品が続々と登場し、市場は次のステージへ~
3
~量子多体系シミュレーションは、古典コンピューターでは計算できないような複雑な現象を解明する有用な手段として活用が期待!~
1.量子シミュレーションとは
25
2.量子シミュレーションは、古典コンピューターと量子コンピューターの橋渡しとなる!
26
30
6.量子シミュレーションの将来展望
51
~世界中のスタートアップ、航空機・自動車メーカーなどが実用化に向けて突き進んでおり、2020年代の実用化が視野に!~
1.空飛ぶクルマとは
52
2.空飛ぶクルマの進展とビジネスチャンス
52
59
62
7. 空飛ぶクルマの将来見通し
86
~サービスの「付加価値提供での差別化」と「収益源の分散化」が必要か?~
~価格優先の考え方から脱却し、技術革新で植物に新価値を付与バイオ医薬品向けでは市場本格化へのカウントダウンが始まる~
1.市場概況
99
3.注目トピック
101
101
【出典】C60107600 『2018年版 高機能・高付加価値型「次世代植物工場」の市場展望』より一部抜粋掲載
※本紙に掲載している図表および文章は、出典明示のない限り全て矢野経済研究所の調査・推計に基づくものです。
※特に指定のない限り、本文中では敬称を省略させていただきました。
※本文中で登場する会社名・商品名などは、一般に各社の商標もしくは登録商標です。
※本誌の情報・調査内容は、とくに記述のない限り、2018年9月25日までに行われた調査に基づくデータです。

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.