ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 水素発電技術動向(2018年5月調査)

水素発電技術動向(2018年5月調査)

発刊日 2018年09月14日 体裁 42頁
資料コード R60201802 PDFサイズ 9.1MB
カテゴリ
調査資料価格 32,400円(税込)~    価格表を開く
PDFレギュラー 定価  32,400円   ( 本体  30,000円   消費税  2,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  64,800円   ( 本体  60,000円   消費税  4,800円  )

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
コピー不可
(ご利用開始日より閲覧はできます)
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) ~
(スタンダード) ~
このレポートは、コピー不可 です。
  • 本資料のご案内、購読お申込みはこちら

リサーチ内容

~気候変動対策の切り札として、政府は発電コストをLNG並みに抑える「水素基本戦略」を掲げた!~

1.水素発電とは
2.どうやって水素を得るか
  2-1.副生水素
  2-2.石炭ガス化法
  2-3.水の電気分解
  2-4.水素を含む化合物
  2-5.人工光合成
3.水素を燃料とした発電
  3-1.水素ガスタービン発電
    【図1.ガスタービンの外観および内部構造】
  3-2.水素燃料電池発電
4.水素発電インフラが整備されればEVとFCVの本質的差異はなくなる!
5.水素発電の市場規模予測
    【図・表1.水素発電の国内およびWW市場規模予測(金額:2025-2050年予測)】
    【図・表2.水素発電の分野別WW市場規模予測(数量:2025-2050年予測)】
    【図・表3.水素発電の分野別WW市場規模予測(数量:2025-2050年予測)】
    【図・表4.水素発電の分野別WW市場規模予測(金額:2025-2050年予測)】
6.水素発電のワールドワイド動向
  6-1.米国
  6-2.欧州
  6-3.中国
  6-4.日本
    【図2.「水素基本戦略」のシナリオとロードマップ】
7.水素発電に係わる企業・研究機関の取組動向
  7-1.川崎重工業株式会社(川崎重工)
    【図3.商用液化水素運搬船イメージ図】
    【図4.水素専焼DLEガスタービンの構造】
  7-2.国立大学法人岐阜大学
  7-3.国立大学法人九州大学
  7-4.公立大学法人首都大学東京
    【図5.首都大学東京ReHESの学際的研究のイメージ】
    (1)水素エネルギー利用システムグループ:高効率FCシステム
    【図6.中温作動の熱回収型高効率FCの模式図】
    (2)水素製造・輸送・貯蔵グループ:水素の供給システム
    【図7.水素の輸送・貯蔵イメージ】
    (3)水素大気環境グループ:大気環境に及ぼす水素の影響
    【図8.大気環境に及ぼす水素の影響についてのイメージ】
    (4)エネルギー材料グループ:高効率蓄電システム
    【図9.高効率蓄電システムのイメージ】
    (5)CO2分離・回収グループ:CCS
    【図10.CCSのための分離膜開発のイメージ】
    (6)エネルギーシステムグループ:省エネ・インフラ
    【図11.東京都長寿命環境配慮型住宅モデル事業「ソーラータウン府中」】
  7-5.千代田化工建設株式会社
  7-6.学校法人東京理科大学
    【図12.NaBH4からの水素生成メカニズム】
    【図13.東京理科大学が開発した「STEPS-FCV」の外観】
    【図14.「STEPS」部分の構成】
    【図15.NaBH4の特長:エネルギー密度の比較】
    【図16.NaBH4を水素キャリアとする水素循環型社会】
  7-7.三菱日立パワーシステムズ株式会社
    【図17.ガスタービンの基本構造】
    【図18.三菱日立パワーシステムズの火力発電製品における水素燃料の適用分野】
    【図19.水素サプライチェーンの概念を示した模式図】
    【図20.水素燃焼ガスタービンのドライ低NOx燃焼器】
8.水素発電の課題と見通し

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.