ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 海洋温度差・濃度差発電事業の現状と将来展望(2018年5月調査)

海洋温度差・濃度差発電事業の現状と将来展望(2018年5月調査)

資料コード R60201902
発刊日 2018年09月14日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード)
YDB eLibrary(登録メンバーのみ)
体裁 17頁
分類
コピー料金 コピー不可(ご利用開始日より閲覧はできます)
このレポートは、コピー不可 です。
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 印刷用画面
  • 本資料のご案内、購読お申込みはこちら

YDB会員企業の皆様へ

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

~ベースロード電源を見据えた日本の研究は世界トップクラス発展が進み実用化に大きな期待~

1.海洋温度差・濃度差発電とは
2.海洋温度差・濃度差発電の利点と課題
3.海洋温度差発電の種類
  3-1.クローズドサイクル
  3-2.オープンサイクル
  3-3.陸上式・洋上浮体式
4.海洋温度差・濃度差発電の出力規模予測
    【図・表1.海洋温度差発電事業の国内およびWW市場規模予測(定格出力:2018-2038年予測)】
    【図・表2.海洋濃度差発電事業の国内およびWW市場規模予測(定格出力:2018-2038年予測)】
5.海洋濃度差・温度差発電市場のワールドワイド研究開発動向
  5-1.欧州
  5-2.北米
  5-3.その他
6.海洋濃度差・温度差発電に係わる企業・団体の取組動向
  6-1.株式会社ゼネシス
    【図1.海洋温度差発電用蒸発器】
  6-2.ジャパンマリンユナイテッド株式会社
    【図2.海洋温度差発電イメージ図】
  6-3.協和機電工業株式会社
    【図3.浸透圧発電試験設備】
  6-4.株式会社正興電機製作所
7.海洋濃度差・温度差発電の課題と展望

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.