ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 車載音声認識市場の動向(2018年4、5月調査)

車載音声認識市場の動向(2018年4、5月調査)

資料コード R60202002
発刊日 2018年09月14日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード)
YDB eLibrary(登録メンバーのみ)
体裁 23頁
分類
コピー料金 コピー不可(ご利用開始日より閲覧はできます)
このレポートは、コピー不可 です。
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 印刷用画面
  • 本資料のご案内、購読お申込みはこちら

YDB会員企業の皆様へ

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

車載音声認識市場の動向(1)

~加速する車載HMIの中心的なサービスの進展状況~

1.クルマの室内が変わる
  1-1.自動化が進む運転席まわりの機能
  1-2.自動運転の可能性が見えてきた
  1-3.HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)
2.クルマの音声認識の事例
  2-1.2014年頃までの音声認識の動き
    (1)2000年頃まで(特許庁の資料を参考)
    (2)2000年以降の動き
    【表1.音声言語処理技術の産業分野】
    (3)FordSyncの登場
    (4)Nuanceの台頭と車載音声認識の実例
    (5)Nuanceの実績
  2-2.会話形音声認識技術(NLU)

車載音声認識市場の動向(2)

~2018年から車載AIアシスタントが躍進、HMIの柱となる可能性~

1.クラウドとAIを利用した車載音声認識システム
  1-1.レガシーな音声認識エンジン
    (1)地域ごとのカーナビゲーションシステム
  1-2.AIアシスタント
    【図1.様々な呼び名があるAIアシスタント】
    【図2.既存の音声認識のフロー:2013年のMercedes-Benzの場合)】
    【図3.AIアシスタントのフロー模式図】
2.音声認識技術から派生する技術・サービス
  2-1.マイク・スピーカー技術
  2-2.その他の技術
3.車載音声認識技術・サービス市場規模
    【図・表1.国内の音声認識機器・システム市場推移(金額:2015-2030年予測)】

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.