ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 製紙メーカーの物流戦略6 大王製紙(2018年4月調査)

製紙メーカーの物流戦略6 大王製紙(2018年4月調査)

資料コード R60203104
発刊日 2018年09月20日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード)
YDB eLibrary(登録メンバーのみ)
体裁 11頁
分類
コピー料金 コピー不可(ご利用開始日より閲覧はできます)
このレポートは、コピー不可 です。
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 印刷用画面
  • 本資料のご案内、購読お申込みはこちら

YDB会員企業の皆様へ

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

・全データを物流〝総元請け〟に集中させ、ユーザー起点の最適物流を目指す
・直送比率の上昇続き17年度は58.0%見込み、一次運送料と倉敷料のウェートを押上げる
・洋紙平判販売量の増加に伴い、小口・平判に即した物流効率化に努める
・いわき大王で構内倉庫の増強を計画、都心では卸商向け営業倉庫を17年6月開設
・三島工場近隣メーカーと共同輸送開始、他メーカーとの共同物流に前向きな姿勢
 ①共同物流の構築
 ②履歴管理システムの導入
・三島工場:海上輸送が主力、関東向けは内航船とRORO船で92.1%

表.大王製紙 製品物流費推移(紙・板紙分)
表.大王製紙 自社消費地倉庫一覧
表.大王製紙 仕向け地別比率(2017年度上期)
表.大王製紙 全国向け工場別輸送手段(2017年度上期)
表.大王製紙 関東向け工場別輸送手段(2017年度上期)
表.大王製紙 工場別の関東向け輸送経路

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.