ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2022年版 ウォーターサーバー市場の現状と将来展望 ~伸長する宅配水・給水型ウォーターサーバー・POU市場~

2022年版 ウォーターサーバー市場の現状と将来展望 ~伸長する宅配水・給水型ウォーターサーバー・POU市場~

本資料で取り上げるウォーターサーバー市場には、宅配水、水道直結型ウォーターサーバー(POU)、給水型ウォーターサーバー(浄水器一体型ウォーターサーバー)が含まれている。品目別では、依然として宅配水の市場規模が大きいものの、大手の宅配水事業者が新たに水道直結型ウォーターサーバーや給水型ウォーターサーバー事業に参入することで、POUと給水型ウォーターサーバーが急成長している。 2021年度はコロナ禍により在宅勤務が継続されたことで個人向けの宅配水は引き続き好調となっているが、法人向けについては主に大企業向けではコロナ前と比べて水の使用量が減り、新規の開拓もやりにくい環境となっている。 市場を取り巻く環境が変化し、喫緊に解決すべき課題は山積しているものの、成長が続く有望市場であることに変わりはなく、この先のもう一段の成長を目指して主要企業を中心にハード・ソフト両面での様々な取り組みが推進されている。 本レポートでは、カテゴリー別、チャネル別の各社戦略を取材する事で、今後のマーケットの方向性を分析する。また、競合するミネラルウォーター市場や浄水器・整水器市場の最新動向、炭酸水や宅配チャネルといった注目カテゴリーにも焦点を当てることにより、当該市場を総合的に分析し、今後を予測する。

発刊日 2022年04月13日 体裁 353頁
資料コード C63129000 PDFサイズ 4.4MB
カテゴリ 食品、アグリ、バイオ
調査資料価格 132,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  132,000円   ( 本体  120,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  132,000円   ( 本体  120,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  264,000円   ( 本体  240,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  297,000円   ( 本体  270,000円   消費税  27,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  396,000円   ( 本体  360,000円   消費税  36,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2022/06/13~ コピーサービス
開始日と料金
(片面1頁/税込)
閲覧室: 2022/06/13~ 770円
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2022/10/13~
(スタンダード) 2023/04/13~
電話・ウェブサイト:
2022/06/13~ 1,320円
2022/07/13~ 770円

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

9
【ク゛ラフ・表】宅配水の市場規模推移(末端金額ベース:2014~2020年度、2021年度見込み)
■Point1:宅配水市場の拡大は続くも、コロナにより法人向けは不調
【ク゛ラフ・表】水道直結型ウォーターサーバーの市場規模推移(出荷台数ベース:2017~2020年度、2021年度見込み、2022年度予測)
【ク゛ラフ・表】給水型ウォーターサーバーの市場規模推移(出荷台数ベース:2020年度、2021年度見込み、2022年度予測)
■Point4:給水型ウォーターサーバー市場が新規参入が相次ぎ、伸長傾向にある
15
20
22
(5)副商材の動向~コロナ禍で伸長する除菌関連市場~
60
62
72
※C62125200 「2021年版 宅配水市場の現状と将来展望 ~コロナ禍で成長力増す宅配水・POU市場~」より引用
(1)水道直結型(POU)/給水型ウォーターサーバーの利用状況
74
(2)水道直結型(POU)/給水型ウォーターサーバーの利用理由
76
(1)水道直結型(POU)ウォーターサーバーを扱っている企業
77
(2)給水型ウォーターサーバーを扱っている企業
79
(3)POUと給水型ウォーターサーバーを扱っている企業
83
(1)水道直結型(POU)/給水型ウォーターサーバー市場の問題点と課題
86
86
91
100
106
111
119
126
135
143
(1)宅配水市場の問題点と課題
149
(2)宅配水市場の見通し
152
155
【詳細個票(宅配水)】
掲載内容:会社概要/業績推移/商品構成/サーバー/地域別販売構成/製造体制/販売体制/1.商品特長/2・販売実績/3.生産・供給動向/4・販売動向/5.サーバーの展開状況/6.デリバリー動向/7.商品戦略/8.営業戦略/9.販売促進策/10.今後の事業戦略
◇株式会社JR東日本クロスステーション
166
◇株式会社Kirala
172
◇株式会社TOKAI
180
◇アクアクララ株式会社
188
◇株式会社ウォーターネット
196
◇株式会社オーケンウォーター
204
◇株式会社コスモライフ
210
◇株式会社サイサン
216
◇株式会社サンエス
224
◇サントリー食品インターナショナル株式会社
230
◇株式会社トーエル
236
◇株式会社ナック
246
◇株式会社プレミアムウォーターホールディングス
256
◇株式会社ユニマットライフ
264
◇大丸エナウィン株式会社
272
◇株式会社中京医薬品
278
◇富士山の銘水株式会社
286
【簡易個票(宅配水)】
◇株式会社i・ライフソリューションズ
294
◇株式会社アクア富士天間
295
◇有限会社アクアポット
296
◇有限会社麻水
297
◇株式会社いずみや
298
◇株式会社イングコーポレーション
299
◇ウォーターエナジー株式会社
300
◇ウォーターポイント株式会社
301
◇MCMのめぐみ株式会社
302
◇エルミック株式会社
303
◇株式会社オアシス
304
◇株式会社合馬天然水
305
◇株式会社オキシー
306
◇九州石油ガス株式会社
307
◇サーラの水株式会社
308
◇株式会社さららいと
309
◇山陰クボタ水道用材株式会社
310
◇サンウォーター株式会社
311
◇サン神戸ウォーターサプライ株式会社
312
◇ジェイウォーター株式会社
313
◇株式会社ジャパネットウォーター
314
◇株式会社白木屋
315
◇株式会社スナガ
316
◇スパーク株式会社
317
◇ゼオライト株式会社
319
◇仙代テック株式会社
320
◇株式会社ぞっこん四国
321
◇株式会社ダイオーズ
322
◇株式会社ダスキン
323
◇株式会社タナベエナジー
324
◇株式会社秩父源流水
325
◇株式会社ナチュレ
326
◇日本水資源工業株式会社
327
◇有限会社麦飯石の水
328
◇株式会社花立花
329
◇久本木材株式会社(ウォーター事業部)
330
◇富士観光開発株式会社
331
◇株式会社プロメディア
332
◇ヘルシーウォーター株式会社
333
◇穂積株式会社
334
◇株式会社マーキュロップ
335
◇株式会社マルエイ(おいしい水事業部)
336
◇株式会社ライフシード アクアリズム
337
◇株式会社両備エネシス
338
◇株式会社LOHASTYLE
339
◇ワンウェイウォーター株式会社
340
【詳細個票(宅配水以外のウォーターサーバー)】
◇株式会社Kirala
342
◇ウォータースタンド株式会社
348

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.