ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2024年版 フードロスソリューションビジネスの現状と将来展望 ~フードロス対策の今とソリューションビジネスの進化~

2024年版 フードロスソリューションビジネスの現状と将来展望 ~フードロス対策の今とソリューションビジネスの進化~

世界的にフードロス問題が注目され、対策が急がれる中、日本においても国や自治体、各社がフードロス削減に注力するも、未だ年間500トンを超えるロスが出ている。フードロス削減は、フードサプライチェーンのあらゆる場面で求められていることから、CSRの観点だけでなく、ビジネスとして注目する企業も出てきており、フードシェアリングサービスやAI、ITを活用した取り組みなど、フードロス削減を契機に新たなビジネスも生まれており、大きな変革をもたらす可能性を秘めている。 本資料においては、アップサイクルやサステナビリティ、DXの活用といった現在の時流に沿いながら、フードロス削減の現状や期待される技術、ビジネスモデルごとの取り組み・課題を整理し、フードロス削減がもたらすビジネス面からみた可能性と今後の展望を探る。

発刊日 2024年05月09日 体裁 354頁
資料コード C65127300 PDFサイズ 7.1MB
カテゴリ 食品、アグリ、バイオ
調査資料価格 209,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  209,000円   ( 本体  190,000円   消費税  19,000円  )
PDFレギュラー 定価  209,000円   ( 本体  190,000円   消費税  19,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  242,000円   ( 本体  220,000円   消費税  22,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  418,000円   ( 本体  380,000円   消費税  38,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  451,000円   ( 本体  410,000円   消費税  41,000円  )
PDFグローバルコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  627,000円   ( 本体  570,000円   消費税  57,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2024/07/09~ コピーサービス
開始日と料金
(片面1頁/税込)
閲覧室: 2024/07/09~ 990円
YDB eLibrary
 閲覧不可資料です。
電話・ウェブサイト:
2024/07/09~ 1,650円
2024/08/09~ 990円

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

(1) フードロス削減における課題
74
77
(1) アフターコロナにおける生産現場におけるフードロスの現状
83
(2) 生産者自身の取り組みによるフードロス削減
84
(3) スマート農業によるフードロス削減
85
(4) 植物工場の展開によるフードロス削減
87
(5) ソリューションビジネス活用によるフードロス削減
88
(6) 今後のビジネス展望
90
(1) 食品製造業におけるフードロスの現状
91
(3) 今後のビジネス展望
102
(1) 食品卸・物流におけるフードロスの現状
104
(2) 諸問題の解決方法とフードロス対策に関する各社のビジネス展開
106
(1) 小売業のフードロスの現状
109
(3) 今後のビジネス展望
119
(1) 外食産業のフードロスの現状
122
(3) 今後のビジネス展望
136
141
205
(1) 調査概要
213
※企業により多少掲載内容が異なります
株式会社シノプス
236
一般財団法人日本気象協会
241
株式会社ブライセン
245
大倉工業株式会社
250
デイブレイク株式会社
253
株式会社テクニカン
257
株式会社ミートエポック
261
株式会社アイル
266
ASTRA FOOD PLAN株式会社
270
オイシックス・ラ・大地 株式会社
273
豊島株式会社
277
株式会社バイオマスレジンホールディングス
281
株式会社ペーパル
285
ICS-net 株式会社
290
アイムライズ株式会社
293
株式会社雨風太陽
296
株式会社クラダシ
300
株式会社コークッキング
306
株式会社G-Place
310
ZERO株式会社
314
株式会社ビビッドガーデン
318
※詳細はYDBまでお問い合わせください
1.ロス食材リデュース・プロテクト型サービス
326
2.保存期間延長型サービス
336
3.ロス素材活用型サービス
340
4.ロス商材シェアリング・マッチング型サービス
346

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.